クレジットカードは何枚必要?

subpage01

クレジットカードは管理が面倒なので1枚あればいいという人も、色々なお店のポイントを貯めたいからと何枚も持つ人もいるでしょう。


ですが、1枚だけですと生活費と遊興費の区別がつきにくいですのであまりおすすめはしません。
また、ポイント目当てでカードを持つ場合、複数持ちですとお得にポイントを稼げませんのでむやみにたくさん持つのもまたおすすめはしません。
最低所持枚数として遊興費に使うメインのクレジットカードを1枚、日用品・食糧購入用カードをサブに1〜2枚というのがおすすめです。

今は明細書もペーパーレス化が進んでいますが、使用用途ごとにカードを分ければ家計簿もつけやすくなりますし、もしつけていない人でもどの用途にどのくらい使ったのかがわかりやすくなります。


クレジットカードは枚数を持ちすぎると、年会費がかさんできたり、盗まれるリスクや管理しきれなくなるリスクが増えたり、そしてだんだん新しく審査に通りにくくなってくるなどデメリットが発生しやすいといわれていますが、2〜3枚程度でしたらそこまでのデメリットは無いでしょう。



それに、お店によって使えるカードのブランドが異なる場合があります。
特に海外ですと自分の持っているクレジットカードが非対応でしたら大変面倒なことになります。

goo ニュースに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの国際ブランドは全7種類あります。

それら全てを持つ必要はありませんが、せめて2〜3種類はカバーしておいた方が臨機応変に対応できるので便利です。