クレジットカードのサービス内容について

subpage01

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の二つの枠があり、この二つがメインのサービスとして位置付けられています。特に重要とされるのは「ショッピング枠」です。



これは「買い物代金支払い代行サービス」ともいえるサービスとなっています。


具体的にはカード会員が提携店でクレジットカードを提示して買い物をします。
そうすると会社側はカード会社に問い合わせ、カード会社から決済代金を支払ってもらいます。

Girls Channelのお役立ちコンテンツ満載です。

代金を支払われた商店は商品を顧客に渡してその場の取引は終了となります。

後日カード会社はカード会員に対して今まで立て替えていた分の代金を請求し、利用者が支払うという形になるわけです。通常であれば店と客の取引である所にカード会社が入る事で、店は客に対して店頭で現金を利用しない買い物ができるサービス、俗にいう「つけ払い」を提供できますし、客は現金を使わずにあとからまとめて支払う事で決済の利便性があがります。

カード会社は店からサービスの利用料を取る他、客が分割払いする場合などに金利を取る事で利益を上げる事ができるというわけです。



このショッピング枠を利用するには店がカード会社と提携している必要があります。


しかしそれだと利便性が低くなってしまうという事でクレジットカードが使えない場面のために「現金の貸付」を行う会社もあります。
これが「キャッシング枠」です。簡単に言ってしまえばカード会社からお金を借りる「借金」がショッピング枠です。