クレジットカードは一時的なツケなので支払える分使う

subpage01

クレジットカードはお金の代わりのようなものと思われていますが、少し違います。


持っているクレジットカードは、そのカードを契約したカード会社と提携している加盟店でのみ使用できます。



しかし、クレジットカードがお金ではなく、クレジットカードを提示することで所謂ツケを行っているのです。

朝日新聞デジタルに関する耳より情報です。

カード提示で買い物や食事などを行った場合、カード会社がツケの代わりに加盟店へ代金分を支払いますが、この時点でカード利用者による加盟店へのツケはカード会社によるカード利用者へのツケになります。



要は、カード会社が一時的に代わりに代金を支払ってくれたことになるため、カード会社から利用者に請求された額は利用者が支払う義務があるのです。
クレジットカードを提示して購入しても後々のカード会社からの請求によって、カード利用者は物質的なお金を支払うことになります。

カード提示時に購入したという感覚になりますが、実際にはお金としての支払いが完了するまでは金銭的な話がついてきます。仕組みをよく知らないまま作って使いまくっていた結果として支払いが出来ずに借金をしたり破綻するような話も珍しくはないので、クレジット機能付きカードを作る前に仕組みや使い方に気を付ける意識を持つことが望ましいです。作る時には支払い能力があれば作ることが可能ですが、作る時に支払い能力があっても実際に支払えない場合はカード会社が赤字になるのでそれなりの罰が与えらます。ルールを守って適切に使用することが大事です。